<< モノクロームの服 Ⅰ ギャザーって、手間がかかるね。 >>

デザイン線はスケッチのように!

暑いですね! つい口癖で出てしまうフレーズですよね。
我が家は、明日から3泊4日で長野に避暑に行ってきます。清里高原のそばらしいですが、主人が勝手に決めたので、よく知りません、実際どこへ行くんだろう?確か長野だと聞いたけど?

パターンをひくとき、構造線といって全体のシルエットを作る線と、切り替えの位置や、襟ぐりの形、ノースリーブの袖ぐりなど、個性を出すデザイン線があります。

構造線は、形をきれいに出すためにある程度常識的な線ってありますが、デザイン線は、まさにデザインなのでその人の個性が出ます。

例えば、ノースリーブのアームホールでは、肩幅の広いとき、アメリカンスリーブのように八の字のようなカーブになるとき、線の流れがぜんぜん違いますよね。

この線を決めるのに、わたしはパターン上にスケッチのように線を描き込んでいきます。

わたしはまず、2B,4Bなど濃いエンピツでスケッチのようにサラサラと細い線で描きます。
何度も検討しながら描いたら、最後にフリーハンドで濃くいっきに描きます。
フリーハンドではどうしても線にゆがみが出るので、定規を使ってなめらかな線に描き直していきます。
このとき、余計な線が消しやすいようにやわらかい2Bや4Bのエンピツを使います。最後の線はシャープペンシルの0.5、2Bで描きます。

以前にパターンのお仕事で紹介したように、この後シ-チングとピンを使ってボディーで仮縫いし、シルエットの確認をします。
みなさんが工業用ボディーをお持ちとは思えないので、ご自分の体を使って線の確認をすることをおすすめします。
パターンを荒裁ちして体にのせ、姿見に映して客観的に線を見ます。これだけでもデザイン線の確認ができ、後で失敗したと悔やむことがなくなるかと思います。シルエットに関しては、パターンを研究しながら使い込むことかな?

パターンをアレンジして繰り返し使うことで、自分のものになっていくと思います。
一から勉強しようとすると、パターンってけっこう大変ですよ、アレンジでがんばってください。
[PR]
by see_ya2008 | 2008-07-31 13:09 | about pattern | Comments(2)
Commented by tonmi at 2008-08-04 14:15 x
以前こちらでパンツのパターンの直し方について書かれていて(今まで脇で調節していて、どうも履き心地が悪く)中心線の左右でやってみたら、ピッタリで履き心地の良いパンツが出来ました!ひとりでニタニタほこそえんでいましたが、感謝と誰かに伝えたくて・・・ありがとうございました!自己流の私には大先生です!またいろいろ教えてください!
Commented by see_ya2008 at 2008-08-04 20:17
tonmiさん、こちらこそありがとう。大先生というのは、大きな間違いですが。主人に「お前の言い方はエラそうで、失礼だ!」といつも批判されているので。確かに、熱くなって言い過ぎの場面もあるかも。
でも、tonmiさんのように褒めてくださる方もいて、そんな時はすっごく励みになります。ありがとう!
<< モノクロームの服 Ⅰ ギャザーって、手間がかかるね。 >>