++衿は知りたい? Ⅲ++

前回衿の外回りで6mmずつ開きました。
この時の衿の傾斜は、ステンカラーのコートなどに使える傾斜でした。

今回はもう少し開いて、傾斜を付けてみましょう。
同様に補助線で10mmずつ開きます。
衿付け止まりの位置で5mm衿腰分を足し、全体的に自然なカーブでつなげます。
e0139355_19363218.jpg

出来上がった衿を前身ごろに重ねてみると、こんな感じになります。
e0139355_19364543.jpg


より首から離れて丸みのある衿折れ線になります。
e0139355_19414512.jpg
e0139355_1942363.jpg

この場合の後中心の衿巾は、衿腰部分が28mmで、上衿部分が42mmになりました。

このように開く分量を増やして、よりフラットな衿を作ることが出来ますが、
元の衿の衿ぐりの形が出来上がった衿と合うか、確認した方がいいと思います。
というのは、今回衿の外回りを開くという作業をしましたが、実際の設計ははじめに衿ぐりと
衿の傾斜を決めて製図していきます。
今回は使ったシャツカラーと、作りたい衿の傾斜(角度)の差を、外回りで開いて表現して
みました。
なので、開く分量は使う衿によって違ってきます。いつでも6mm、10mmというわけでは
ありませんので加減して試してみてください。。
また、フラットな衿にすると、衿が首から離れていきます。
首に沿っていて衿巾の広い衿にしたい場合は衿腰を三日月型の衿腰に切り替えるといいです。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-07-04 20:20 | about pattern | Comments(0)

++衿は知りたい? Ⅱ++

衿の展開のし方の続きです。

シャツカラーを用意して、補助線を入れました。
肩線との合印の前後2㎝のところに入れた線の衿付け側を支点とし、
衿の外回りで6mmずつ開きます。
支点となったところが「くの字」に変形するので、衿付止まりの位置で
衿腰分4mmを足し、全体を自然なカーブでつなげます。
衿の外回りも自然につなげて修正します。
e0139355_10243739.jpg

前身ごろと重ねるとこんな感じになります。
衿の中央辺りから後ろに倒れてきます。
e0139355_10245184.jpg

後ろ中心の衿巾は7cmで、展開前は、衿腰部分が33mm、上衿部分が37mmでした。
6mmずつ展開した場合、衿腰部分が30mm、上衿部分が40mmになりました。
衿の外回りが甘くなった分、衿腰が低くなり、後ろ中心の衿巾が広くなった結果です。

e0139355_10251340.jpg
e0139355_10252823.jpg

首に沿っていた衿が首から離れてカーブを描いてきました。
ステンカラーのコートなど、このくらいの倒しでいけるかと思います。
お持ちのコートのパターンの衿がからい衿だったら、こんな感じに展開してみてください。

次回もう少し倒してみましょう。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-06-30 10:52 | about pattern

+++皆さん、衿は知りたい? Ⅰ+++

なんと、2年ぶりの更新です!
もう更新はないのか?と思われていたのでは。
それにもかかわらず、日に何人もの方にのぞきに来ていただいていました。
ありがたいことです。

その中でも、衿に関してのページが多く見られていたので、『衿 第2弾』
にしてみました
シャツカラーを使って、衿を甘く展開してみようと思います。

シャツカラーのように、首にピッタリ沿うのを『からい』と表現したりします。
逆に首から離れて衿の外回りがカーブしたやわらかい衿を『甘い』と表現します。
ここでは、衿の外回りにカーブを付け、甘くなる様に展開していきます。

シャツカラーは一般的に、衿折れ線から下側の衿腰部分と上側の上衿部分の巾が
ほぼ同じくらいの長さです。
衿ぐりに付けると、2つに折れて首に沿う感じです。

e0139355_5502818.jpg
e0139355_5495695.jpg



展開に使う衿のパターンを準備してみましょう。
シャツカラーは衿折れ線の入ったものを使います。
肩線との合印を入れます。
衿と前身ごろを製図の状態に合わせてみるとこんな感じになります。

e0139355_6273069.jpg


肩線との合印を挟んで前後2㎝の位置に補助線を入れます。
この2か所から衿の外回りと直角に交わるように引きます。
この衿を使って次回展開してみましょう。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-06-28 06:56 | about pattern

++そして 季節は巡り・・・・++

気にはなっていたのですが 更新出来ずに5ヶ月が過ぎ
季節は春になってしまいました。
秋からこの春まで忙っそがしい日々でした(汗&涙)。
 
いつの間にか娘の進学も終わってた という感じです。
早咲きの桜で小学校の卒業式は飾られるかと思ったら 雨。
中学校の入学式には葉桜になっていたし。

その間パターンに関する構想というか 妄想はふくらむ一方。
あんなこといいな こんなこといいなと ドラえもんの歌の様に企画はいっぱいあります。
ないのは時間だけ。

とにかく準備はしておこうと なぜかイラストの本を買い レーザープリンターの購入を考えています。
半年くらいのスパンで実現できればいいかと まったりとした計画です。

ドラえもん いたらいいのに!
『人間コピー』とかいって 私をふたりくらい作ってほしい!
のび太になった気分です。
[PR]
# by see_ya2008 | 2013-04-24 17:55 | up.date | Comments(1)

++キルティングのコート++

以前から試してみたいと思っていた素材にキルティングがあります。
袋物くらいなら作ったことはありますが それ以上大きなものは初めてです。

綿入れ ダウンなどは軽くて暖かいのがいいですね。
ほんとはニットのキルティングを探していたのですが なかなか気に入ったものがなく
ならばと ナイロンツィルでアウトドアーっぽく作りました。

N0-12-C-3  《キルティング コート》
size
price
e0139355_1062415.jpg

パーツは 前後身頃・フード・袖・ポケットの4パーツです。
フード~身頃一周をメートラインで巻いて仕上げています。
なので ポケットを作り 肩・脇を縫ってフードを付けたら すべてメートラインで巻いて仕上がりです。
袖も同様に袖口を巻いて 袖付けをします。
ボタンはドットボタンを打ちました。

e0139355_1065978.jpg

脇のポケットは ポケット口を半円型にくり抜いてメートラインで巻きました。裏から袋布を当てて
ステッチで付けるだけの 簡単なポケットの作りになっています。

e0139355_1071530.jpg

厚手の圧縮ニット 圧縮したウールモッサ・メルトンなどでもいいかと思います。
圧縮ニットなら丈を短くしてチロリアンジャケット風にしてもいいかも。

次回はダッフルコートを招介できるかと思います。
ただいまトグルボタンを付けるところで止まっています(汗)。
[PR]
# by see_ya2008 | 2012-11-19 10:28 | up.date | Comments(0)