<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

++キルティングのコート++

以前から試してみたいと思っていた素材にキルティングがあります。
袋物くらいなら作ったことはありますが それ以上大きなものは初めてです。

綿入れ ダウンなどは軽くて暖かいのがいいですね。
ほんとはニットのキルティングを探していたのですが なかなか気に入ったものがなく
ならばと ナイロンツィルでアウトドアーっぽく作りました。

N0-12-C-3  《キルティング コート》
size
price
e0139355_1062415.jpg

パーツは 前後身頃・フード・袖・ポケットの4パーツです。
フード~身頃一周をメートラインで巻いて仕上げています。
なので ポケットを作り 肩・脇を縫ってフードを付けたら すべてメートラインで巻いて仕上がりです。
袖も同様に袖口を巻いて 袖付けをします。
ボタンはドットボタンを打ちました。

e0139355_1065978.jpg

脇のポケットは ポケット口を半円型にくり抜いてメートラインで巻きました。裏から袋布を当てて
ステッチで付けるだけの 簡単なポケットの作りになっています。

e0139355_1071530.jpg

厚手の圧縮ニット 圧縮したウールモッサ・メルトンなどでもいいかと思います。
圧縮ニットなら丈を短くしてチロリアンジャケット風にしてもいいかも。

次回はダッフルコートを招介できるかと思います。
ただいまトグルボタンを付けるところで止まっています(汗)。
[PR]
by see_ya2008 | 2012-11-19 10:28 | up.date | Comments(0)

++スキに~なれない、スキニー++

寒くなってきましたね。足もと、腰の冷えは女性にとっては敵!
この冬もしっかり暖めていきましょうね。
そんなこんなで(どんな?)、重ねばきの代表選手、スリムなパンツを作りました。

レギンス、スパッツ、カルソン、名前は違いますが、どうちがうのですか?
レギパンなども出てきましたが、何売り場で売っているかで区別するのかしら?
ズボンか?靴下か?
まっ、能書きはそれとして、作ったので紹介します。

私的には、脚の形、特にふくらはぎがカッコいいとは言えません。
最近はストレッチ素材の発達のためか、やけにフィットしたスキニーが出回っていますよね。
私はこのスキニーが苦手です。
夕方になって脚がむくみ出すと、ふくらはぎの形がモロに出るのではないかと心配です。

ほどよいゆとりの、こんなスリムストレートが好きです。
今回はやわらかいミニ裏毛で作りましたが、ストレッチデニムや圧縮ニット、ジャズネップなどでもいいと思います。

No-12-N-5    《スリムストレート*ニットまたはストレッチ用》
size  M  W88  H88   わたり巾28.5  膝巾18   裾巾18  股上25  股下68
        *その他のサイズには グレーディングのし方のプリントを付けて対応します。
price  ¥1000
e0139355_10344083.jpg

パーツはたったの2パーツです。
ウエストは、ゴムを見返し側に縫い付けてからふたつに折ってステッチで留めてあります。
中でゴムが偏ったりすると、パジャマみたいでいやなのでこの縫い方にしています。
e0139355_10345654.jpg

膝から裾にかけてストレートのシルエットになっています。
リーバイスの501をイメージして作りました。
e0139355_1035192.jpg

ワンピースと合わせて着て見ましたが、大きめのセーターやシャツと着てもかわいいと思います。

今回使ったミニ裏毛では、もう少し膝巾と裾巾を狭くしてもいいように思いました。
素材が薄く、しなやか過ぎたのが反省点です。
このパターンなら、厚めのしっかりした圧縮ニットでもう一枚作りたいと思っていて、ただ今素材を探しています。
[PR]
by see_ya2008 | 2012-11-12 11:04 | up.date | Comments(0)

++ちゅう坊のもの++

コナン君(名探偵コナンのこと)の中で、大阪の平次君がコナン君と中学生当時に出会った場面で、
「あのちゅう坊が・・・」と、コナン君のことを呼んでました。
そう、『ちゅう坊』中学生の坊主の省略ですね。

うちにも『ちゅう坊』がひとりいます。
2年生で、反抗期真っただ中です。ホルモンのバランスが悪い?のかもしれません。
しょっちゅうイラついてて、自分や物にまであたってます。
かわいいけど、かわいく思えません!

なぜかこのちゅう坊はベストが好きで、以前私が作ったベストをよ~く着てました。
ただ、コーディネートが変だったので、ある日取り上げましたが・・。

先日ダッフルベストを作りました。
「UFOくん、これ好きでしょ?」と、見せたところ「うん、欲しい」だそうです。
なので、憎たらしいけどあげることにしました。
クリスマスプレゼントに代えさせてもらおうかな?そしたら、いらないって言うだろうな。

No-12-J-1    《ダッフル ベスト》
size   バスト 97 肩巾 36 着丈 60
price  ¥1200
e0139355_119518.jpg

これは試作も兼ねたので、やや厚手のフリースを使いました。
裏はタータンチェックの細コールのコーデュロイです。
リバーシブルに仕立ててあります。実際はトグルボタンを付けてしまうので、両面は着られません。
ただ、縫い代の始末がいらなく、裏もきれいに見えるのでこの仕立てにしました。
結果的には縫いやすいと思います。ただ、生地は2倍必要です。

e0139355_14202361.jpg

前後にヨーク切り替えがあります。フードも中心を切り替えています。
フードの衿ぐり前端はボタンが付いて、あごの下で合わさるようになっています。

今回、トグルボタン用のロープを手編みで作ってみました。
荷造り用の麻ひもをチェーンに編みました。このままでは毛羽立っていたので、火で炙ってみました。
ガスコンロの火の上で、海苔を炙る要領で、コゲないようにローストチキンのようにクルクル回して。
毛羽も取れ、丈夫に仕上がったのですが、PCの前のよい子はマネしないようにね。
火事ややけどがこわいからね、なんて。
[PR]
by see_ya2008 | 2012-11-08 14:46 | up.date | Comments(0)

++美しい<>ドルマンスリーブ++

この前にモッズコート風のポンチョを紹介した際、ドルマンスリーブの話が出ましたね。
以前にも、ドルマンスリーブはパターンとアイロン処理が命!と図解しました。

普通の袖は身頃と袖を別々に設計します。そして、袖を作り、楕円形のアームホールに運動量を見ながら付けていきます。
ラグランスリーブのような特殊なアームホールの形の場合、袖の振り、運動量を考えながら身頃と一緒に設計します。
ドルマンスリーブはアームホールがなく、身頃と袖がつながっているので、より振りや運動量をきちんと考えて設計してあげないと悲惨な仕上がりになります。

設計はあくまで紙の上でのことで、より美しい形にするにはアイロンで形を整えてあげる必要があります。
『いせ』とか『伸ばし』などのくせ取りの作業ですね。
これはウールなど、熱や蒸気で融通の利く天然素材に有効で、化繊では難しいこともあります。

今回このドルマンスリーブで、フェイクムートンでロングラップコートを作ったので紹介します。

No-12-C- 2 《ドルマンスリーブ ラップコート》
size    バスト 114 着丈 100 (S~Lサイズはカバーできるかと思います)
price   ¥1600
e0139355_13283733.jpg

パーツはたったの3パーツです。前後身頃とフードです。
フェイクムートンなのでひと重で、周囲を折ってステッチをかけただけの仕上げです。
袖口の位置を見ていただくとわかるように、袖が前の方に向かっています。
e0139355_1328472.jpg

肩の縫い目が腕の振りに沿うようになっていますよね。
e0139355_1329278.jpg

腕を下ろしたとき、『だき』というゆとりが背中に縦にドレープになって降りています。
e0139355_13291324.jpg

袖が脇の部分に収まっているのがわっかていただけると思います。

今回は後中心に縫い目を入れたくなっかたので(縫い目を増やしたくなかったので)後ろ身頃をわ裁ちにしました。
すると生地巾が足りなくなり、袖口を切り替えるハメになってしまいました。
これはムートンなので、それもアリかな、と。

もう一枚、モッサかメルトンで作りたいと思っています。
[PR]
by see_ya2008 | 2012-11-07 13:52 | up.date | Comments(0)

++創作活動の秋++

最後の更新では『暑中お見舞い・・・』とは。
なんと3ヶ月ぶりの更新です!
blogというより、グリーティングカードのようで、申し訳ない・・・・。
毎日のぞきにいらしてくれる方、ありがとうございます。

やっと創作意欲が起こり・・いえ、意欲だけはあったのですが、実行に結びつかなかったのでした。
でも、やっと絵に描いたものが形になってきました。

以前から作ってみようと思っていた、ポンチョ、ダッフルベスト、ダッフルコート、ラップコート、キルティングコート、ツィードのパンツ・・・ややっ、沢山できたではないですか!
まだ仕様書作りがありますが、少しずつ紹介しますね。

No-12-C- 《モッズコート風ポンチョ》
size
price
e0139355_21404689.jpg

ラグランのような切り替えの入った前明きのポンチョです。
リバーシブルのように、総裏仕立てにしました。この方が縫い方は簡単で、仕上がりもきれいです。(ただし生地は2倍必要です)

e0139355_214163.jpg

後ろ中心の切り替えは、裾にV字のスリットが入って、モッズコートみたいです。
生地も、目の詰まった平織りのコットンでアウトドアー風にしました。釦もドット釦が打ってあります。

e0139355_21412015.jpg
e0139355_2141335.jpg

着ると適度なフレアーがきれいに出てトッパーコートのように見えます。

e0139355_2141442.jpg

ドルマンやラグランスリーブと同様の設計になっているので、肩から袖の形にドレープが出ます。
ずっと前に、ドルマン作りの際のアイロンのかけ方をレクチャーしたことがあります。
これを参考にしてもらえばさらに美しい形が出せますよ。


カーキーグリーンのウールフラノなどをつかえば、ミリタリーにも出来そう。
なかなかいい感じのカーキーが見つからず残念なのですが、いずれ。
[PR]
by see_ya2008 | 2012-11-05 22:05 | up.date