<< モノクロームの服 総集編 モノクロームの服 Ⅱ >>

タックは丁寧にたたみましょう。

ボリュームを出したり、サイズを小さく調整したりするテクニックに『タック』がありますよね。

タックをギャザーの代わりに使ってボリュームを出したり、タックで寸法を調節して接ぎ合わせる場所の長さを同じにしたり。

よく使われるのに、タックスカートがあります。ワンピースのスカート部分にも使われたりします。

単純に平行に折ってしまえばいい場合と、方向や、分量を場所によって加減したりする場合もあります。

スカートの場合、ボリュームを出すだけでなく、ヒップとウエストの寸法の差をタックで調節しているので、ダーツと同じように考えた方がいいです。

ダーツに方向性があるように、タックにも方向と、消し方(先細りにする角度や長さ)があります。

縫う場合は、この方向や消し方をパターン通りにしてあげないと、見た目に不規則なタックになってしまったりします。

まず、パターンを乗せて裁断するとき、タックの山の3ヶ所に2mmぐらいの切り込み(ノッチ)を入れておきます。
ヒップラインあたりには、パターンに小さく穴を開け、チャコペンなどで「点」で印を書きます。


e0139355_14483824.jpg



パターンをはずすと、ノッチと「点」の印が残りますね。これを目安につないでタックを折っていきます。
e0139355_14485835.jpg


①まず、折り山側のノッチと「点」を目安にアイロンで折り目を付けます。

②重なる側のノッチ、「点」にそれぞれ合わせて、裏側の折り谷にもかかるようにアイロンを全体にかけてタックをたたみます。
このとき、ウエストの縫い代がピッタリ重なっていることが大切です。これがずれると方向や形にばらつきが出てしまいます。

③ピッタリ重ねたウエストの縫い代がずれないように、タックを留めておく捨てミシンをウエストにかけておきます。

④ベルトの方にベルト付け用の出来上がり線を書いておけば縫いやすいです。(スカートには書く必要はありません。但し縫い代巾が統一されている時)

お持ちのパターンで、タックに方向性があったらパターンをたたんでみてください。たたむとウエストのラインがきれいにつながっているはずです。これをくずさないように縫ってくださいね。
単純なタックスカートだって、仕上がりに差がでますよ。
洗濯の後も、手アイロンで形を整えて干せば、もとのタックの形がもどります。

試してみてください。
[PR]
by see_ya2008 | 2008-09-26 15:42 | about pattern | Comments(2)
Commented by Hi! at 2008-09-29 15:10 x
こんにちは^^

私は去年タック入りのスカートを作った時・・
ほどいては縫い・縫ってはほどき・・・を3回ほどやり直ししました。
ほどく事はめったに(面倒だから)やらないのですが・・
タック入りのスカートだけは均等にタックが入ってないと非常におかしい・・

私の場合はウエストを大きくしました。
Mのパターンのみでしたので
パターンの調整が丁寧に書いてあったんですが・・
チャンと読んだのに・・
読んだフリだけだったようです。(理解してなかった(笑))
読み直してわかりました。
又yumiさんの分かりやすい説明で◎なるほどと何回も読ませてもらいました。
ありがとうございました。

又作ってみます。

やはり型紙作りは難しいですね^^

ふわっと着られるコート(パターン)の販売はいつごろでしょうか?


Commented by see_ya2008 at 2008-09-29 17:48
サイズ直しって、結局は自分の為のオーダーみたいなものだから、何度か繰り返しているうちに自分に合った直し方みたいなものがわかってくるのだと思います。
コツは、元のパターンのラインをくずさないことかな。もちろん元型の形がきれいな場合です。そうでないときは自分できれいにしながら直してください。
コートは、ブラックウォッチでステンカラーのショートコートができました。Hi!さんにはロングコートの方が似合いそうだから、ちょっと違うかなと思います。
この次にロングもいってみようかと思っているので、お待ちください。
<< モノクロームの服 総集編 モノクロームの服 Ⅱ >>