<< ++衿は知りたい? Ⅲ++ +++皆さん、衿は知りたい? ... >>

++衿は知りたい? Ⅱ++

衿の展開のし方の続きです。

シャツカラーを用意して、補助線を入れました。
肩線との合印の前後2㎝のところに入れた線の衿付け側を支点とし、
衿の外回りで6mmずつ開きます。
支点となったところが「くの字」に変形するので、衿付止まりの位置で
衿腰分4mmを足し、全体を自然なカーブでつなげます。
衿の外回りも自然につなげて修正します。
e0139355_10243739.jpg

前身ごろと重ねるとこんな感じになります。
衿の中央辺りから後ろに倒れてきます。
e0139355_10245184.jpg

後ろ中心の衿巾は7cmで、展開前は、衿腰部分が33mm、上衿部分が37mmでした。
6mmずつ展開した場合、衿腰部分が30mm、上衿部分が40mmになりました。
衿の外回りが甘くなった分、衿腰が低くなり、後ろ中心の衿巾が広くなった結果です。

e0139355_10251340.jpg
e0139355_10252823.jpg

首に沿っていた衿が首から離れてカーブを描いてきました。
ステンカラーのコートなど、このくらいの倒しでいけるかと思います。
お持ちのコートのパターンの衿がからい衿だったら、こんな感じに展開してみてください。

次回もう少し倒してみましょう。
[PR]
by see_ya2008 | 2015-06-30 10:52 | about pattern
<< ++衿は知りたい? Ⅲ++ +++皆さん、衿は知りたい? ... >>