「ほっ」と。キャンペーン

++コクーンコートを基本にして++

たっぷりしたニットなどの上に着るコートって、どんなものを着てますか?
やはり、身幅の広い大き目なサイズのコートになりますかね?

先日作ったドルマンスリーブのラップコートは、アームホールがないので、
比較的ゆったりと着られました。
ただ、ラップで着られるようにと、大きめのフードを付けました。
これがちょっと問題。

フードのついたチュニックやベストを着ると、フード オン フードになってしまいます。
そう、ダブルフード。背中でかさばってしまう!

ひとつノーカラーのコートがあれば重宝するのでは?と思い、作ってみました。
e0139355_1545136.jpg


袖付け線(アームホール)がどっと下がったコクーンコートのようなデザインです。
コクーンだと裾がすぼまった繭型になるのだと思いますが、これはストレートな感じです。
アームホールが直線的になるので、パターンはシャツの様になりますが、服のマチにあたる
カマ巾は確保してあります。

e0139355_15132781.jpg

セミダブルの打ち合いにステッチをかけ、スナップのヒヨク明きにしました。
なんとなくキャメルにはパッチポケットかな?と、丸みのあるポケットを付けました。

このシルエットで、テーラーカラーのコートがほしいと思っています。
ネイビーのいいウールモッサがずーっと眠っているので、来年はこれを基本にして
パターンをアレンジしようかと考えています。

も少し長めで、衿はフラットぎみにして、ポケットはフラップがいいかなー。
ただ、ハードルを上げすぎると気力が心配。
またウールモッサが眠り姫にならないといいけど・・・・。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-12-24 15:36 | up.date | Comments(0)

++ショートPコート:テーラーカラーの展開++

以前ステンカラーのラグランコートを紹介したときに、
上衿の展開のし方を解説しました。
使う生地が厚い場合、上衿の衿腰部分には内回り分をカットし、
上衿部分には外回り分のゆとりをプラスする必要があるということでした。
ステンカラーの場合は、このまま衿付けをすればいいのですが、
テーラーカラーになると身返しにも展開が必要になってきます。

今回は、ショート丈のPコートを作りました。
コートというよりは、テーラーカラーのジャケットかな?
これもパターン通りにカットして縫っただけです。
あらかじめパターンを展開しておけば難しいことなく、きれいに仕上がります。
簡単に図にしてみました。

e0139355_14534889.jpg

衿とともにラペルも自然に折れてくるように、折り返し線にゆとりを入れます。
上衿の展開のし方はステンカラーとほぼ同様です。
さらに衿折れ線で平行に数㎜切り開きます。
身返しには、衿で切り開いた分量と同量をラペルの折り返し線にも入れます。
折り返し線を平行に移動させて入れます。
衿ではさらに外回りにきせ分を足しましたが、ラペルにも衿付け止まりから
ラペルの部分にきせ分を1㎜ほど足し、下の折り返し止まりの位置で自然に
消します。
e0139355_150779.jpg


最後に元の製図の状態と同じように衿と身返しをつなげ、線のつながりがスムーズか
確認します。よければ縫い代を付けていきます。

e0139355_1524384.jpg

このように展開してあげれば、自然と衿折れ線のところできれいに衿もラペルも
折り返ってきます。
以前も言いましたが、パターンに折り返しの線が入っていることが必須条件です。
日ごろから大事な位置(バストラインやウエストラインなど)はわかるように
入れておくことが大切です。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-12-14 15:27 | about pattern

++フードコート・タイプを変えて++

昨年の冬に、最も活躍した防寒といえばダウンのベンチコートでした。

実はこれ、息子のおさがりで、彼には小さくなったので代わりに着ていました。
アディダスのジュニア用なのですが、私にジャスト!
ダウンがたっぷり詰まっていて、しかも丈が長い。
裏フリースのナイロンパンツと一緒に着たら、他にはまねのできない温かさでした。

しかし、いつまでもおさがりでは・・・・と。
今年は自作のコートで乗り切ろうと、裏ボアのコートを作ってみました。
e0139355_9281727.jpg

表はカーキーグリーンのチノクロス、裏は迷彩柄のボアです。
袖付けのないドルマンスリーブに大き目のフードです。
昨年、東京は雪で悩まされたので、防水スプレーで多少防水加工でもしておきましょうか。

同じパターンですが、こちらは表も裏もウールのフランネルで作りました。
仕立て方は、表コート、裏コートを縫い合わせたら、周囲をぐるりと縫い返すどんでん仕立て
なので、リバーシブルのようになります。袖付けがないので早くて簡単に縫えます。
こちらはボタンを付けず、ラップコートにしました。キルトピンで留めて着ます。
e0139355_935488.jpg



裏ボアは本当に温かい!
でも、ダウンに比べると重さがあるので、猫背にならないように注意しないとね。
そんなに重くはないか?!
こちらもオークションに出品中です。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-12-08 09:48 | up.date

++好きなのは、ベスト++

e0139355_12543620.jpg

意外と、私はベストが好きです。
ニットでも、生地でも、レザーでも(フェイクも)、ダウンでも。
長くても、短くても。
ときには、ちょっと袖があっても。

何度かベスト、またはジレを紹介してきましたが、今回はレギュラー丈のベストです。
形的にはメンズっぽく、脇の縫い目を後ろにずらし、背ベルトを付けました。
前のデザインは女の子っぽく、衿ぐりや裾のカーブは丸く、ポケットも丸くしました。

生地はツートンで、梳毛ウールのチェック柄とミックスツイードの組み合わせです。
後ろ身頃、背ベルトとポケットに配色でツイードを使っています。
ボタンはココナッツボタンを、牡丹色の糸でつけました。
ポケット口の閂止めも牡丹色で巻き縫いしてみました。

e0139355_12542321.jpg


娘に着せてみたのですが、彼女は身長が169㎝ほどあるので、服がちっともかわいく映りません!
娘の友達にモデルになってもらったのですが、次回オークションでは娘ヴァージョンでいってみようかと思っています。
服が短く見えるはずです。

PS:娘ヴァージョンです。
e0139355_16593542.jpg

[PR]
# by see_ya2008 | 2015-12-07 13:09 | up.date

++リバイバル++

かなりしばらく休業していたオークションでの
パターン出品を再再開してみました。

夏にリハビリ程度に再開したので、再再開です。

ここで問題点が。
作品はできたものの、モデルがいないのです。
試着モデルがいなくては、写真が撮れません。

ベストやコートが出来たのに、とほほです。

なので、とりあえずリバイバルから。
得意のパンツからいってみます。

e0139355_20331054.jpg

脇縫い目の無い、巻きパンツのギャルソンエプロン風バギーパンツです。
多少の改良をしてみました。

e0139355_20333981.jpg

ティアードガウチョパンツです。
丈や素材を変えて、一年中使えるパターンかと思います。

早く!モデルを探さなければ!
この後、ダッフルコートを作ろう生地まで買ってしまったのに。
またやる気がなくなる前に、見通しをつけなければ。
年も暮れてしまう・・・・。
[PR]
# by see_ya2008 | 2015-12-01 20:39 | up.date